カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2010/05/25

『ケニア! 彼らはなぜ速いのか』

オリンピックや世界陸上、そして世界中の賞金レースを席巻するケニア人ランナーの強さ、気になりませんか?その秘密に迫ったのがこの『ケニア! 彼らはなぜ速いのか』です。

ストーリーは著者が世界中を回り、多くの科学者や指導者と会い、かれらの唱える「ケニア人の速さ」の諸説に触れていきます。

  1. グレートリフトバレー ~ プロローグ:略奪者カレンジン
  2. グラスゴー:遺伝子狩りと科学者の夢
  3. コペンハーゲン:運動生理学者の葛藤
  4. ロンドン:科学とスポーツ
  5. カプサイト:キャンプという独特の仕組み
  6. モンバサ:彼らが走る理由
  7. エルドレット:競争心にあふれたメンタリティー
  8. 東京 ~ エピローグ:謎解きの行方

私もこの本を読むまでは「ケニア人って、学校まで20kmくらい走って通学するから速いんでしょ?」と思っていましたが、どうやらそればかりではないようです。

「キャンプ」と呼ばれる共同生活・練習のシステムがランナーお互いの競争心を刺激し、さらに互いをレベルアップさせているようです。こうした仕組みはケニア人のメンタリティーにマッチしたものであり、外国勢が仕組みを真似ただけでは、そう簡単に強くはなれないようです。

確かに「ブラジルのサッカーはなぜ強いのか?」と問われてもたくさんの答えがあるように、「ケニア人はなぜ速いのか?」という問いにも唯一の解は無いようです。ケニアの弱さや日本が勝つ秘訣は?という問いも簡単ではなく、ケニアの諺にあるように「優れた農夫も、そうでない農夫も、自分の土地しか耕せない」。つまり、持っているもので、できるだけのことをやるしかないようです。

それよりも、こうしたリサーチを通して、著者がケニアで過ごしたレポートは、まるで自分もケニアに行ったような気分になります。この1冊を読み終えて、私もケニアに行ってみたくなりました。

9784163704708 ケニア! 彼らはなぜ速いのか

 Run For Fun!

 ブログランキング、いつも応援ありがとうございます!
 (面白かったら、↓をクリックして くださいね♪)

   Br_banner_kabuto   にほんブログ村 
その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
   人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010/05/11

久々に読んだ日本語の本♪『監督‐挫折と栄光の箱根駅伝』

NYにいたときは日本語の本を読む暇がありませんでした。日本に帰って来てから初めて読んだマラソンに関する本はこの本でした。章立てはこんな感じです。

  1. ランナー川嶋伸次
  2. 箱根駅伝
  3. スランプ
  4. オリンピック
  5. 監督川嶋伸次
  6. 再び箱根駅伝
  7. チーム改革
  8. 走る意味
  9. 箱根制覇

初めて川嶋さんに会ったのは2006年の川口マラソンでした。このレースでは川嶋さんが一般参加で申し込んでいたところを大会関係者が気付いて、急きょゲスト参加をお願いしたそうです。日体大で箱根駅伝、名門旭化成でニューイヤーズ駅伝などで活躍し、シドニー五輪でマラソン日本代表として参加された国を代表するランナーが自分の育った街の市民マラソンにお金を払って参加しようとしてくれてたことは凄く感動しました(⇒その日のレース)。

同じ埼玉県出身ということもあり、川嶋監督と監督率いる東洋大を応援していたし、毎年、川嶋監督が川口マラソンに参加してくださることが嬉しかったです。

そして2008年12月1日に川嶋監督が監督でなくなる事件が起こります。この本はここからプロローグとして始まります。こうした事件を重く捉えて、辞任を決心する潔さは凄いなと思いました。そして、年が明けた箱根駅伝で東洋大は優勝。もちろん川嶋監督の姿はそこにはありませんでしたが、その功績は間違いないと思います。

そうしたことがこの1冊に綴られています。そんなことをNYで知り、日本に帰ったら、ぜひ読みたいなと思っていました。読みながら、やはりその謙虚な姿に心を打たれたものです。おかげでのこの本を本でいる日々は、たとえ短いジョギングであっても凄く気持ちが入っていました。

まだ読んでいない方は、ぜひ読んでみることをオススメします。good

9784862381385b 監督‐挫折と栄光の箱根駅伝‐

 Run For Fun!

 ブログランキング、いつも応援ありがとうございます!
 (面白かったら、↓をクリックして くださいね♪)

   Br_banner_clover   にほんブログ村 
その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
   人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2009/02/20

サブスリーを目指すランナー必読!『eA式 マラソン走力UPトレーニング 』

昨秋にeAが出した『eA式 マラソン走力UPトレーニング 』、みなさんはもう読みましたか?私にとってはまさにバイブルです!

続きを読む "サブスリーを目指すランナー必読!『eA式 マラソン走力UPトレーニング 』"

| | コメント (7)

2009/01/14

「ポン・ピュン・ラン」って凄い! 『2時間で足が速くなる!』(川本和久監督著)

515cvenvnl_ss400_ 地方の大学の陸上部に過ぎなかった福島大学から、走り幅跳び日本代表の池田久美子選手や400m走日本代表の丹野麻美選手などを輩出し、日本陸上界屈指の名門に育て上げた名匠、川本和久監督秘伝の「誰でも足が速くなる方法」、知りたくありませんか?

私はもう興味津々で夢中になって読んでしまいました! 何だ?「ポン・ピュン・ラン」とは!

続きを読む "「ポン・ピュン・ラン」って凄い! 『2時間で足が速くなる!』(川本和久監督著)"

| | コメント (2)

2008/12/10

これぞ、まさにバイブル!「リディアードのランニング・バイブル」

Lydiard 1960年ローマ五輪の800m、1964年東京五輪の800mと1500mの金メダリストのピーター・スネルやローマの5000m金メダリストマレー・ ハルバーグなどを育て、「古今を通じて最も優れた陸上競技のコーチのひとりである」と謳われるアーサー・リディアードのこの1冊、実に夢中になって読みま した。

続きを読む "これぞ、まさにバイブル!「リディアードのランニング・バイブル」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/13

『ゼロから始めるフルマラソンの本』

Zero  秋・冬はフルマラソンが全国各地で目白押しです。これからフルマラソンにチャレンジしてみようと思っている方、まだ遅くはありません!

 『ゼロから始めるフルマラソンの本』 内山雅博 監修

続きを読む "『ゼロから始めるフルマラソンの本』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/29

『1時間走れればフルマラソンは完走できる』...って本当?!

4054033407  図書館でまた凄いタイトルの1冊を発見し、思わず手に取ってしまいました!こうしたタイトルに本当に弱い私です!

 『1時間走れればフルマラソンは完走できる』 鍋倉賢治 著...本当?!

続きを読む "『1時間走れればフルマラソンは完走できる』...って本当?!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

今や私のバイブルです!『楽して走ろうフルマラソン』

Makino_2楽なフォーム = 効率的なフォーム」だと思い、どうしたら楽に走れるフォームを身に付けることが出来るだろう?といろいろな本を調べて、ようやく辿り着いた1冊です。今の私にはとっても役に立つことばかりです!

続きを読む "今や私のバイブルです!『楽して走ろうフルマラソン』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/24

ようやく読みました「走ることについて語るときに僕の語ること」

Haruki 昨秋に刊行されたこの「走ることについて語るときに僕の語ること」をようやく読む機会に恵まれました。

続きを読む "ようやく読みました「走ることについて語るときに僕の語ること」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/12

体幹を鍛えて、楽しく走ろう!『体幹ランニング』

Kin 以前から興味を持っていたのですが、なかなか読む機会に巡り会えず、少し時を逸してしまいました。でも、よ~やく読む事が出来ました♪

それだけに読む喜びもひとしおでした♪

「体幹」ランニング (MouRa)

続きを読む "体幹を鍛えて、楽しく走ろう!『体幹ランニング』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧