« franny's でランチ☆ピザ | トップページ | 回復率は○%? »

2010/03/04

LとR、FとP

英語の発音の話です。

私たち日本人は「LとRをうまく区別できない」と言われますが、そのことに苦手意識を感じるゆとりすら感じないほど、レッスン中はアレコレと直されます。ここに暮らし始めて、もうすぐ1年だというのに、「ヨーグルト」の発音で必ず捕まります。直されると舌の動きにつられて目玉も一緒に動いてしまいます。eye

私のいるオフィスにはいろいろな国出身の人がいるので、当然ながら英語にもいろいろな訛りがあります。以前に何かの本で「韓国人はFとPをうまく区別できない」と書いてありました。確かにオフィスでもこんなことがありました。

  • 「ヒ~デ、ランチ行こう!ポー食べよう!」(Porkのこと?)
  • (食後に)「コピーはどうする?」(何のコピーを取るの???)

今ではすっかり慣れましたが、前者は"Pho(フォーというベトナムのヌードル)"、後者は"Coffee"のことです。どうしてもFの音がPになってしまうようです。

それから「」の音が「チュ」に近いです。なので、昨シーズンに地元ヤンキースにいた松井選手が活躍すると、翌朝は私を見て「マチューイ」とよく言われました。ちょっと可愛い音なので、憎めません。

ちなみに日本人が「a cappuccino」を発音すると最後の「ノ」の音が弱く、「a cup of tea」に聞こえるそうです。私も今日のランチで「ア・ニュー・ジョブ (a new job)」と言ったら、最後の「ブ」が弱かったので、「アニュージュアル?(unusual)」と訊き返されました。

言う側の発音の問題だけでなく、聞く側の聞き間違いもあるので、たまにこうしたことが起こります。もちろん、日本語でもよくある事だと思います。聞き間違えた内容が絶妙だったりすると、正しながらも、心の中で「面白い!」と感心してしまいます。

 Run For Fun!

 ブログランキング、いつも応援ありがとうございます!
 (面白かったら、↓をクリックしてくださいね♪)

   Banner_br_bear   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
   人気ブログランキングへ

|

« franny's でランチ☆ピザ | トップページ | 回復率は○%? »

NY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« franny's でランチ☆ピザ | トップページ | 回復率は○%? »