« 日曜日も散歩です♪ | トップページ | シルク・ドゥ・ソレイユのWintukを観ました♪ »

2009/11/12

これまでのこと

先日の完走記で触れましたが、私にとってのNYCマラソンは11月1日9時40分から走った3時間1分ではありません。NYCに来ることが決まってからの約9ヶ月が私にとってのNYCマラソンでした。motorsports

NYでひとりで生活することは学ぶことも多い半面、それだけではありません。慣れない環境での生活って…大変ですね~!sweat01

それでもNYCマラソンという憧れの舞台で最高の走りをするという目標があったから、諦めずに日々の練習も頑張れました。目標を持つ事やその目標を見失わない事の大切さを今は実感しています。good

でもレース1週間前に「もしこのレースで失敗したらどうする?coldsweats02」という不安に襲われました。今までの辛かったこと全てを晴らすために頑張って来た半面、ここで失敗した場合の心理的なダメージは測り知れません。もし、これがつくばなら、「失敗しても、勝田で取り返そう!」と思えるかもしれませんが、自分にとってNYCマラソンは特別です。私限りの個別事情ですが、代わりがないんです!

もう結果が出ることを極度に恐れるようになっていました。自分がこんなにプレッシャーに弱い人間なのか?と驚き、このプレッシャーから逃れたいと思うほどでした。マラソンをやってたからここまで頑張って来れたのに、「マラソンなんかやっていなければ、こんな苦しい思いをしないのに」と逆ギレするほどでした。pout

さらに悪化した足首の痛みが不安に拍車をかけました。毎朝、「これで走れるの?」という暗い気持ちになり、レース前日には部屋にある薬を並べて、痛み止めの成分を含む薬が無いか探し、家内と頭痛薬で代用出来ないか、話し合っていました。(最終的に「レース中に眠くなったら、マズいよね?」ということで、薬は飲みませんでした)

そして迎えたレース当日。何度も自分に檄を入れて走りました。結果は目標としていた2時間55分にも自己ベストにもサブスリーにすら届かなかった3時間1分...。「失敗した!恐れていたものが現実になった!thunderthunderthundershock」と真っ白になりましたが、ゴールで多くのボランティアも一緒に走った仲間達、家内すら慰めてくれません。

あれ?

そう、みんなが「よくやったね、お疲れ様、おめでとう!bell」と笑顔で迎えてくれました。そうか、喜んで良いのか!

目標に届かなかったことは残念です。今でもすっごく悔しいですっ!しかし、この数分の違いで今までの9ヶ月の頑張った日々を否定する必要はないと思います。そうした思いが全身を駆け巡り、ふと肩の重荷が消えました。今までに感じたことの無い清々しさがそこにはありました。happy02

日本でもこれから勝負レースを控えているランナーの方々が多いと思います。ここまで頑張って来て、見事に目標を達成した人には黙っていても多くの人からの称賛の声が絶えないと思います。だからこそ、ここまで一生懸命頑張ったのに結果が出なかった人にかける言葉は「惜しかったね」ではなく、「おめでとう、よく頑張ったね!good」と、ここまでの日々を称える自分でありたいと思いました。

4768520965006f 4768520965008f
(NYCマラソンの橋や通りを埋め尽くす人・ひと・ヒト!)

 Run For Fun!

 ブログランキング、いつも応援ありがとうございます!
 (面白かったら、↓をクリックしてくださいね♪)

   Br_banner_ochiba   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
   人気ブログランキングへ

|

« 日曜日も散歩です♪ | トップページ | シルク・ドゥ・ソレイユのWintukを観ました♪ »

NYC Marathon」カテゴリの記事

コメント

hiddieさんがNYマラソンに向けて日々頑張っていたことはこのブログやJogNoteを読んでいた人または直接hiddieさんと触れ合っていた人はよく分かっていると思います。

目標に向かって頑張った人を周りの人はちゃんと見てくれていて、結果がどうあろうと祝福してくれるんでしょう。

今後もますますご活躍されますように。

投稿: あなご | 2009/11/12 13:35

日本の多くの大会が結果偏重だなという気が僕はします。それは僕のマラソンへの入り口がNYCだったからだと思うんですよ。You can do it!の声援の多さには驚くばかりです。だからゴールまでたどりつける。完走した者には等しく「おめでとう!」と賞賛の嵐。タイムは二の次。こんな祝福を受ける大会って国内じゃなかなか見当たらないですよ(NAHA、東京くらい?)。だから毎年どうしても走りに行きたくなるのかもしれません。

投稿: まっち | 2009/11/12 22:26

自分の出来る最大限の(これは人それぞれ)努力を重ね、走る時間やコンディションを作り、尚且つ基盤になる生活を維持してその上でチャレンジしてるマラソンに成功も失敗も無いのかもしれませんね。よくエリートランナーの真似をして失敗レースだったとほのめかしたりしちゃうことがありますが、それは先に上げた事柄を超えて掴んだ自分なりの結果ですよね。堂々と胸を張って向き合う勇気を持とうと思います。早く大きく強くなった弟分に会いたくなりましたよ。

投稿: じれっタイガー | 2009/11/13 09:44

タイムは本のタイトルのようなものだと思います。凄く大事だけど、ストーリーの全てではありません。そして仲間と共有できるのはストーリーですよね。
ニューヨークでの生活、セントラルパークでの練習、NYCマラソンへの強い思い、故障を乗り越えてきた強さ、3時間1分の悔しさ、全てが素晴らしいストーリーだと思いますよ。

投稿: オケ | 2009/11/13 12:36

確かにその通りですね。
自分に挑戦していた努力を、レース中の苦しさを、自己ベストを更新する大変さを、仲間はみんな知っている。
結果は大切だけど、結果が全てじゃないですね。
最後まで諦めなかった心に賞賛をしてあげられる自分でいたいです。

つくばに臨む気持ちが少し楽になりました!
ありがとうございます。
明日は横浜で精一杯応援して、翌週のモチベーションにしてきますね。

投稿: とっと | 2009/11/14 09:41

■あなごさん、
ありがとうございます。結果はどうであれ、目標に向かってここまで頑張って来れた事に対して、仲間が祝福してくれた事が非常に自分にとっては非常に嬉しかったです。おかげでまた新たな目標に向かって頑張って行こうという気力が盛り上がって来ました!

-----

■まっちさん、
記録を求める大会も好きだし、こうして走る楽しさを満喫する大会も最高ですね!これから日本も楽しんで走るレースが増えていくと良いですね。NYCを走ったランナーはそのことを伝播していく使命があるのかもしれませんね♪

-----

■じれ兄へ
せっかく頑張って来たのに「失敗」などという一言で済ませてしまうのは、と~ってもモッタイナイなと気付きました。今回のレースの意味をまだ自分自身の言葉で表現できませんが、大きな意味がありました。これからもっと強くなってやる!rock

-----

■オケさん、
練習やレースの度、オケさんという素晴らしい目標があったからここnycで頑張って来れました。本当に感謝しています。この恩はしっかり私の背中を見せつけて走ることだと思っています。これからも私の目標であり、ライバルであってくださいね!

-----

■とっとさん、
レース当日だけがマラソンではなく、ここまでの日々の練習や食事、休養含めてマラソンだと思います。
つくばの後、結果だけでなく「自分は頑張ったヨ!」と胸を張れるとっとさんを祝福したいです。

投稿: hiddie | 2009/11/16 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜日も散歩です♪ | トップページ | シルク・ドゥ・ソレイユのWintukを観ました♪ »