« レースはもう始まっている! | トップページ | 明日はタートルマラソンです♪ »

2008/10/17

今や私のバイブルです!『楽して走ろうフルマラソン』

Makino_2楽なフォーム = 効率的なフォーム」だと思い、どうしたら楽に走れるフォームを身に付けることが出来るだろう?といろいろな本を調べて、ようやく辿り着いた1冊です。今の私にはとっても役に立つことばかりです!

 章立てはこのようになっています。

  • 序章:フルマラソンで記録を更新したいなら理にかなった効率的なフォームにしよう
  • 第1章:ランニングの常識を疑おう
       速くなるには走らない練習も必要だ
  • 第2章:効率的な走りってなに?
       身体に無理のない速い走りとは?
  • 第3章:自分がどんなランナーなのかを知ろう
       動作チェックで分かる利き脚、重心、走りの特徴
  • 第4章:楽に走るためのフォームづくり
       9ステップのドリルで走りは変わる!

 導入部は少し逆説的なタイトルも多いのですが、これは「○○が良い」という言葉だけをひとり歩きさせないための配慮であり、実際は基本に忠実にわかりやすく、正しいフォームと動き作りの大切さが整理されています。

 そして、圧巻は第3章の「利き脚」と「添え脚」の概念、そして下記にあるような第4章の9ステップのドリルです!

  1. 動かない部分のドリル
  2. 動く部分のドリル
  3. リラックス腕振りの極意
  4. 走らないランニングドリル
  5. ウォーキングドリル
  6. ジャンプドリル
  7. ジョグ&ウォーキング練習
  8. リズム走り
  9. ドリルとランの組み合わせ練習

 最近は走る前のドリルに時間を割くことが多くなりましたが、この1冊のおかげでさらにドリルが充実し、走る1歩目から実にスムーズに走れるように なりました。この本にある全てのドリルを実施するよりも、日々のコンディションやランニングの内容に応じて、変化させるのが一番、良い方法だと思います。

 私もこの本に取り上げられている「股関節のダイナミック」と「大きな腕振り屈伸ドリル」をベースに様々なドリルを日替わりで取り入れています。ある意味、ランニングのペースを考えるより、「今日はどんなドリルを入れようか?」を考える時間の方が楽しかったりします。

 極論すれば、「ドリル無しでランニングのみ」より「ドリルのみでランニング無し」の方が全然良いと思えるくらい、質の高い動きが写真と解説でわかりやすく整理されています。走り方をもう一度考え直したい方、ぜひオススメの1冊です♪

Makino 楽して走ろうフルマラソン―正しいフォームづくりは走りの基本です

 【今日の記録】16.9km、1時間25分23秒(11.9km/h、5.1分/km)。
  週末の練習・レースを控えて、JOGのみとしました。最近、JOGが2日続くとポイント練習が恋しくなるようになってきました♪

 Run For Fun!

|

« レースはもう始まっている! | トップページ | 明日はタートルマラソンです♪ »

ランニング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191105/42819841

この記事へのトラックバック一覧です: 今や私のバイブルです!『楽して走ろうフルマラソン』:

« レースはもう始まっている! | トップページ | 明日はタートルマラソンです♪ »