« 東京マラソンの記録証が届きました♪ | トップページ | かすみがうらマラソンまであと1ヶ月です♪ »

2008/03/19

理論派の方にオススメの1冊!「これでなっとく使えるスポーツサイエンス」

Science_2  先月の『日産スタジアム駅伝』の会場で、ぽんぽこさんに「コレは非常に良いですよ~!」薦めていただき、私も早速、読んでみました。「スポーツサイエンス」というだけに科学的な裏打ちのある深い1冊です♪(ランナーズ4月号にも取り上げられていましたね)

 これでなっとく使えるスポーツサイエンス 新版

 これから読む予定の方もいらっしゃると思いますので、差し支えない範囲で紹介すると、このような構成になっております。

  1. トレーニングのための使えるスポーツサイエンス
    (「運動種目によってウォーミングアップは変えるべきなのか?」など)
  2. 試合で勝つための使えるスポーツサイエンス
    (「最高のコンディショニングで試合に臨むためには?」など)
  3. 健康なからだのための使えるスポーツサイエンス
    (「年をとると筋肉痛が遅れて出るというのは本当なのか?」など)
  4. スポーツサイエンスの基礎知識

 科学的な見地から様々な疑問に答えてくれる1冊です。1テーマごとに独立していますので、1ページ目から丹念に字を追うのではなく、「辞書」の感覚で自分の気になる部分から目を通していくと読みやすかったです。

 やや見慣れない体内物質の単語が並ぶので、読みづらさを感じることがありましたが、それぞれのテーマの最後に【まとめ】があり、「結局はそういうことなのか!」と理解に役立ちました。

 様々なテーマを幅広く取り上げているので、走力や体型などにより、役立つテーマは異なると思いますが、きっと普段、気になっていることが解消するきっかけになる1冊です。ちなみに私が気に入ったテーマはこちらです。

  2.12競技中に大きな筋力を発揮するには?
     ●筋に秘められた筋力を最大限に発揮するメカニズム
      - ”火事場のばか力”の発揮のメカニズム
     ●競技中に”火事場のばか力”を発揮するために

 あぁ、やっぱり私は「気持ちで走る派」なのかな~と苦笑いしてしまいました。

 【今日の記録】7.0km、38分36秒(10.9km/h、5.5分/km、33.1秒/100m)。あいにくの雨のため、帽子を被り、安全第一でゆっくり走りました。走らないとモヤモヤしてしまう性格だけに、たとえゆっくりでも走ることが出来て、非常に爽快な気分になりました♪

 Run For Fun! - 先日からアンケート『私は○○ランナー♪』をスタートしました。みなさんが○○に埋めるのは何ですか?
ぜひ画面左のアンケート画面から選択して、「Vote!」を押してみてください。
 既に回答いただいた方も「View Results」から最新の投票状況が確認できますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

|

« 東京マラソンの記録証が届きました♪ | トップページ | かすみがうらマラソンまであと1ヶ月です♪ »

ランニング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この本は各項目ごとに読みきりの形式をとっており、まとめもついているので、興味がある部分からどんどん読んでいけますね。またこれは第二版で、最新の知識をいろいろと取り入れているようでもあります。

火事場の馬鹿力は、確かに面白かったです。私はあと、日ごろから飲んでいるアミノ酸の効用についてとても参考になりました。

巷でいろいろ宣伝されていることが、意外に証明されていないこと、まだ諸説があることなど、専門書などを読むことがない一般人にとってはためになります。根拠に基づくことだけをまとめているところも良い点です。

今まで読んだ雑誌の記事のベースになっていることを感じさせる内容もありました。あとは、この知識をいかにトレーニングやレースに生かすかですね。

次のかすみがうらでは、hiddieさんも火事場の馬鹿力を出して頑張ってください。

投稿: ぽんぽこ | 2008/03/21 07:58

■ぽんぽこさん、
非常にためになる本を薦めてくださいまして、ありがとうございました!
「わかった」と「できる」は、別の次元だと思いますので、ぽんぽこさんのおっしゃるとおり、この本で知った内容をぜひ日頃のランニングに活かせるようになりたいです。
部活の練習中、「声を出せ!」とよく指導されました。今となってはこういうことが「火事場のばか力」を生み出すためのものだったのだな!とも思います。

投稿: hiddie | 2008/03/21 23:26

確かにスポーツ生理学は面白いですね。3年半ほど前からマフェトン理論に則り(則っているつもり)で、週二回ジムでトレーニングしています。が、外で走るのに比べトレッドミルやバイクは退屈で、筋トレにはまってしまいました。結果、いい具合に筋肉ついてきたね。短距離むきだね。珍しいよね。女性で体大きくしようとしてる人って。 と接骨院の先生。
そうなんです。ウェイトもやや増加。先日の荒川で、体の重さを感じました。hiddieさん達のようなエリートランナーではないので、ハーフで㌔6分、10㌔で㌔5分36秒、フルが㌔7分がこれまでのレースの結果なので、記録更新にはウェイトダウンしなければ。50歳過ぎると難問です。本購入します。

投稿: フィリックス | 2008/03/24 11:54

■フィリックスさん、
とっても本格的ですね!50歳を過ぎてなお素晴らしいペースで走られるなんて、今後の私の目標です!
なんだか、悩みだけ拝見すると30歳台の方のように思えるくらいです。ぜひこれからも筋トレのし過ぎでウェイダウンに悩むくらい健康的にランニングを楽しんでくださいね♪

投稿: hiddie | 2008/03/24 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191105/40566678

この記事へのトラックバック一覧です: 理論派の方にオススメの1冊!「これでなっとく使えるスポーツサイエンス」:

« 東京マラソンの記録証が届きました♪ | トップページ | かすみがうらマラソンまであと1ヶ月です♪ »