« 冬の4連戦! | トップページ | BROOKS GTSA7の履き心地 »

2007/08/14

安田コーチの教え(後編:トレーニングとレース編)

Yasuda  先日の『ブルックス・ランニングクリニック in 味の素スタジアム』は、いろいろ貴重な体験をしました。当日、講師としていらっしゃった新日鉄君津コーチの安田亨平さんの教えはいろいろ参考になることばかりでした。前編に続いて私が感銘を受けた内容をいくつか取り上げさせていただきます。今日は『トレーニングとレース』編です。

 1.週に1回は1kmを全速力で走ってみよう!
  1km走をしたことの無かった私にとって、非常に新鮮な教えでした。全速力で走るとペース感覚も養われるそうです。でも、ペースが維持できるのは600mくらいで、あとの400mをいかに走るかがカギだそうです。実業団の選手はこのような練習をするから、追い込み方を知っているのだと伺い、非常に参考になりました。

 2.上り坂は根性、下り坂はテクニック
  以前のアンケートで「上り坂派?下り坂派?」を取り上げさせていただきましたが、「下り坂をしっかり走れるようになるには?」と私が質問をしたら、このような答えをいただきました。上りはアクセルだけで、下りはアクセルだけでなく、ブレーキも必要だからだそうです。上達するためには、下り坂をダッシュして、上りをジョグで繋ぐようなインターバル走も良いそうです。また、上り坂の後に下り坂が続くようなコースでは、上りの勢いのまま下りに突っ込むのが良いとも教えていただきました。

 3.この季節のランニングは「距離よりも時間」
  カラダだけでなく、「心のスタミナ」も養われるそうです。長距離を走っているときに、走ることに飽きるような気分に打ち克てるそうです。

 4.土日にピークをうまく迎えるようにする
  たいてい、レースは土日なので、普段から土日にピークが来るようなトレーニングが良いと教わりました。週明けで一休みして、週の真ん中でピークを迎えれば、また週末にピークを迎えられるような調整ができるそうです。浅井えり子さんの著書でも同じようことが取り上げられていたので、やはり本質は一緒なのだな~と思いました。

 5.フルマラソンは30kmでベスト体重になっていれば良い
  むしろ、レースを控えて体重を落とすより、ベスト+2kgの体重でスタートして、30kmでベスト体重になれば、最後の12.195kmもしっかり走りきれるそうです。調整しすぎることは、ベストの状態をレース前半に迎えてしまうことになってしまい、あとは消耗し続けることにもなりかねないそうです。まだ、フルマラソンの経験が1回の私にとって、頭で理解しつつも、まだ実感がわかないため、これからのフルマラソンを走りながら、この教えを思い返して検証してみようと思います。

 本当はまだまだたくさん貴重なアドバイスをいただきました。帰りの電車で必死に思い出しながら、ノートに教えをメモしました。節目でこのノートを読み返しながら、さらに良いランニングが出来るようになりたいです♪

 【今日の記録】3.7km、16分11秒(13.7km/h、4.4分/km、26.2秒/100m)。レース用シューズでTT気味に走りました。最初はペースもゆっくりでしたが、最後は追い込んで走ることもできました。また今日の夜ランで今年150回目のランニングとなり、ちょっとした節目を迎えることが出来ました。今年はあと何回走れるかな?距離以外にも定量化できる楽しみが増えました♪

 Run For Fun!

|

« 冬の4連戦! | トップページ | BROOKS GTSA7の履き心地 »

ランニング」カテゴリの記事

練習会」カテゴリの記事

コメント

おぉ!やはり専門の方は為になる良い事をわかりやすく
おっしゃってくれますねぇヽ(^。^)ノ

特に今回の1番と5番は実践してみようかと思います♪
速筋への刺激は常々足りないなぁと思っておりました(o^-')b

投稿: 心の旅人 | 2007/08/16 01:37

わたしも勉強になりました。特に5番は「へ〜なるほど」という感じです。ただベスト体重を把握してないのが問題ですけど、、(^^;

いつも二重投稿になってすみません。今回もそうなってたらすみませんが消去お願いします。(なぜそうなるのか分かりません、、)

投稿: hime | 2007/08/16 10:51

■心の旅人さん、
1kmダッシュは面白いですよね!私も教わってからまだ1回しかトライしていませんが、1km限定でダッシュすると、スピードを上げて走ることの恐怖感がなくなる気がします。
私も定期的に続けてみて、もっと速く走れるようになりたいです。

-----

■himeさん、
ピークをスタートではなく、30km地点に持って来るという発想は私も唸ってしまいました。とかく体重が軽い方がタイム的には有利だと聞いていましたが、最後まで楽しくそしてしっかり走りきるには、とっても良い方法だな~と思います。ぜひ試してみて、お互い効果を検証してみたいですね!
※コメントが二重になろうが全く気になさらず、どしどしコメントいただければ嬉しいです♪

投稿: hiddie | 2007/08/16 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191105/16117267

この記事へのトラックバック一覧です: 安田コーチの教え(後編:トレーニングとレース編):

« 冬の4連戦! | トップページ | BROOKS GTSA7の履き心地 »