« 初めてのランシャツ・ランパン | トップページ | 参加賞特集です♪【1月編】 »

2007/05/07

『瀬古利彦 マラソンの真髄』に感動

Seko  瀬古利彦さん著の『瀬古利彦 マラソンの真髄―世界をつかんだ男の“走りの哲学”』を読みました。ランニングがお好きな方、もっと速くなりたい方、必読です!

 この本をまだ読んでいない方もいらっしゃると思うので、内容は伏せさせていただきますが、今まで「企業秘密」として公表したことの無い瀬古さんの練習メニューやノウハウが盛りだくさんです。目次に目を通すだけでも、瀬古さんの力強い信念に圧倒されます。

 また「瀬古利彦の百カ条」なるものがあり、ひとつひとつが実体験に裏打ちされた重みのある、そして心を動かす名言の数々です。私達のような市民ランナーは、「走るのが好き」だから走っているので、全てを真に受けてしまうと、「マラソン道」に陥る恐れがありますが、「あともうちょっと頑張りたい」と思ったときに読めば、きっと道が開けてくると思います。

 その中で特に私が感銘を受けたのは「継続は力なり、されど惰性の継続は退歩なり」という言葉です。私個人の勝手な解釈ですが、定期的なランニングでも「とりあえず今日も走っておくか」という気持ちではなく、「今日も走れることが嬉しい♪」と思ってランニングに取り組むことが、大きな成果を導くのだろうと思いました。

 技術的なこと、精神的なこと、この両者がバランス良く盛り込まれている本です。読み終えて、「せっかく走るのだから、ただ楽しく走るだけじゃ、勿体ないかな?」と少し自分にも欲が出てきた気がします。また明日、走る喜びを一杯に感じながら走ろうと思います。

 【今日の記録】3.0km、12分31秒(14.4km/h、4.2分/km、25.0秒/100m)。気持ち良い早朝ランのおかげで連休ボケが汗と一緒に流れ出てくれました。

 Run For Fun! - アンケート「みなさんは上り坂派?下り坂派?」に回答くださいました49人のみなさま、ありがとうございます!とうとう「平坦な道派」が「上り坂派」を引き離しに入っていますね!
 まだの方は、お好きなコースについて、ぜひ画面左のアンケート画面から選択して、「Vote!」を押してみてください。
 既に回答いただいた方は「View Results」から最新の投票状況が確認できますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

|

« 初めてのランシャツ・ランパン | トップページ | 参加賞特集です♪【1月編】 »

ランニング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も新宿ハーフに参加した時にサイン会で購入して読みました♪
本当にhiddieさんがおっしゃるようにバランスの良い本だと思います。
ペース配分や練習量などはやはりちょっと私達には合わないでしょうが(^_^;)
言葉のひとつひとつには動かされるものがありますよね(o^-')b
やっぱりひとつの事を極められた方の言葉は重いです。

投稿: 心の旅人 | 2007/05/08 03:14

hiddieさん、こんばんは。
瀬古さんのその本はまだ読んだことはないのですが、「継続は力なり、されど惰性の継続は退歩なり」という言葉はグサッと心にきますね~。
やはり取り組む姿勢で練習の質も変わってくるものですよね。

投稿: プクプク | 2007/05/08 21:41

■心の旅人さん、
瀬古さんの直筆サイン入りは羨ましいですね!私は図書館で借りて読みました。
私が瀬古さんのメニューをそのままやると足が何本あっても足りませんが、どんな気持ちで臨めば良いかなどは、私達も今すぐ取り組めるものですね。貸し出し期限が来て、返却してしまいましたが、また借りて読んでみようと思います。

-----

■プクプクさん、
継続は力なり、されど惰性の継続は退歩なり」を市民ランナーの視点で考えれば、ただ走るのではなく、自分なりの目的や楽しみがあればこそ、ランニングもより一層、実りあるものにもなる、とも解釈できそうですよね。
他にもプクプクさんの心に響く名言がきっとあると思いますよ。機会があれば、ぜひ読んでみることをお勧めします!

投稿: hiddie | 2007/05/08 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191105/14991092

この記事へのトラックバック一覧です: 『瀬古利彦 マラソンの真髄』に感動:

« 初めてのランシャツ・ランパン | トップページ | 参加賞特集です♪【1月編】 »