« Run For Funの荒川市民マラソン完走記【中編】 | トップページ | Run For Funが30,000アクセス突破♪みなさん、ありがとうございます! »

2007/03/21

Run For Funの荒川市民マラソン完走記【後編】

 前回までの前編中編に続き、『第10回東京・荒川市民マラソンinITABASHI』完走記、第3弾です。『後編』というだけあって、今日はしっかりゴールまで行きますよ!今日も「初めてのフルマラソン完走記」にぜひ最後までお付き合いください。

1.ハーフ折り返し地点から25km地点:逆風との格闘がスタート!
 
折り返し地点でネットタイムは1時間43分くらい。「さぁ、レースはここから!」と思い、折り返して一気に逆風の中、上り坂を駆け上がりました!ただし、ここで調子に乗って後で痛い目に会うのも...と思い、やっぱり自重してしまいました。

 逆風は今まで何度もこの荒川沿いを試走して経験済みでしたが、やっぱりキツ~イ!強風で前を走るランナーの方の帽子が転がって来ました。気付くのが早かったので、拾って手渡すことが出来ました。実は2006年11月の『第26回江東シーサイドマラソン』で前を走るランナーの方が落としてしまったグローブを拾ってあげられなかったことがありました。落としたことに気付いていらっしゃらなかったのですが、戻って拾ってあげる気遣いも出来ず、少し自責の念にかられていました。今日は良いことが出来ました。自分の帽子もヤバイかな?と思い、ツバを逆方向に被って走ることにしました。

 強風のレースといえば、先月の『第16回東京ベイ浦安シティマラソン』で後ろを走るランナーの方に風除けにされたランナー初心者にとっては実に光栄な経験を思い出し、今回は先を行くランナーの方の後ろを走らせていただきました。ペースに慣れたら、また先の集団に移るようにしました。ただし、集団を移るときに逆風をモロに浴びるので、先の集団に追いつくのに必死でした。このうち、次第にペースが5分を少し過ぎ始めました。多分、前に出ようとする推進力は、前半より強めて走っているはずなのに...。

2.25kmから35km地点:30kmの壁
 またコース幅が狭くなる27km地点の千住曙橋橋梁は、絶対に大渋滞だろうと思い、そこまで走れば、少し歩けると思ってペースを上げたら、すいすいと通過できてしまいました。ちょっとアテが外れてしまいました。街中で疲れた時間帯に赤信号を見つけて、ホッとしたのも束の間、青信号になってしまった心境です。

Gold_1  いよいよフルマラソンの壁、30km地点が見えてきました。ここまでネットタイムは、だいたい2時間30分くらい。ほぼ想定どおりでひと安心です。ここで待望の金芽米のおにぎりのブースに到達!レース前からの待望のお目当てだったので、一口ほおばり、また走り出しました。

 気付くとペースはキロ5分30秒くらいになっていました。風も強くカラダも弱まり、前に出る力が少しずつ弱まっていきます。風が無くなるときも、風があるときと同じようにしか走れなくなっています。

Uotami  こんな辛いとき、頼りたくなるものが頭に浮かぶのでしょうけど、先日の記事にも書いたとおり、ここで頭に浮かんだことは、何故か「魚民に行きたい」...。苦しいときに思い出すものが愛する家族ではなく、ナゼ、魚民?!多分、ちょっと会社でイヤなことがあると、飲みに行きたくなってしまっていた頃の名残なのかもしれません。

3.ラスト10km!
 このレースもラスト10kmを切り、35.4km地点で名物のシャーベットが出て来ました。お目当てパート2です♪ちょっと元気が回復しつつも、このあたりになると記録も気になり、あまり楽しんで食べる余裕もありませんでした。一口、二口と食べながら、屈伸、伸脚、アキレス腱のストレッチをして、いそいそと走り出すことにしました。

 ほどなく、残りの距離はもう7kmを切っています。週1回の帰宅ランとほぼ同じ距離なので、「荒川市民マラソンごっこ」を思い出し、あの時のランニングはこのためにあったんだ!と言い聞かせながら、走りました。

4.ラスト5km!
 実家の近くを通過した37.195km地点。この冒険も「あと5kmしか」残っていません。苦しく辛い時間帯も続きましたが、そんな思いも「生きてるからこそ出来ること」だと思うと、またチカラが湧いてきます。こんなに長い時間を走るなんて、これほど贅沢な楽しみも無いな~と思うと、自然に笑顔がこぼれるようになってきました。

5.ラスト1km!
 もう目の前にはラスト1kmの看板です。ウェストポーチから携帯電話を取り出し、ゴール地点で待っててくれている家内に「ラスト1キロ!」と連絡をしました。ずっと強風の会場で待っててくれた家内のためにも早く帰らなきゃ!それから、近くに住む実家の両親も既にゴールで待っててくれているかな?

 遠くの方にゴール手前の戸田橋が見えてきた頃、私の名前を叫ぶ声が。両親です!ちょっと約束の時間より私が早くゴールしそうなので、結果として会場には間に合わなかったようです。父親が必死に土手を駆け下りて、カメラを構えています。ただし、距離が近くてカメラに収まらないのか、再び前へ走って、カメラを構える...こちらも走っているので、撮影に十分な距離も確保できなさそうなので、先にゴールで待ってると告げました。

 その後、Team Vege!のノボリを発見!そこには、スタート直後にお会いしたピカチュウの仮装したまっちさんの姿もあります。Team Vege!の方々とハイタッチ。手から伝わるチカラが、最後まで走る気持ちをグ~ンと高めてくれました。

6.さぁ、待望のゴールだ!
A1  戸田橋を過ぎ、42km地点。あと195m!確か、後日送付される完走証はゴールの瞬間の写真がプリントされたものだということを思い出し、ゴーグルを外しました。以前、同じようなサービスがあった『戸田マラソンin彩湖2006』では、コースの端を走ってゴールしてしまい、あまりにも淋しい完走証になってしまったことを思い出し、コース中央を走るようにしました。

A2  Finishラインが見えた頃から家内の姿を探して、いつもように左右の沿道をキョロキョロし始めます。コース右手にカメラを構えた家内を見つけ、あとは残りわずかのチカラを振り絞って走るだけです。目の前には夢にまで見た憧れのフルマラソンのFinishゲートです!ようやくここにたどり着きました!これをずっと待っていたのです!ストップウォッチを止めることは後にして、少し照れながらも両手を突き上げながらゴ~ル!

A3  記録は先日掲載の通り、ネットで3時間38分17秒、グロスでは3時間50分17秒。ネットでの目標3時間45分も達成し、しかもグロスもまさかのサブフォーです!

7.レースを終えて
A4A5   レースまではフルマラソンを完走したら、泣いてしまうかも?と思ったけど、「楽しかった~♪」の思いの方が強く、自然と涙ではなく、純粋な笑みだけがこぼれてきました。しばらくして、両親もようやく来てくれて、家内とそして両親と記念撮影。

A6  着替えも終わり、浮間舟渡駅へ戻る途中、土手の上から沿道の応援を続けていたピカチュウ姿のまっちさんを見つけ、ご挨拶がてら結果報告。

 数ヶ月前まで最初のフルは4時間半くらいを目標にしていたのですが、まっちさんからサブフォーも行けるとコメントいただいて、てっきり冗談だろうと思っていました。JogNoteのお友達のみなさんからも同じようなコメントをいただき、暗示にかけられたように、だんだんその気になってしまい、本当にサブフォーで走れてしまいました。目標って高く持つに限りますね!フルマラソン挑戦までたくさんの助言をくださったみなさん、本当にありがとうございました!

-----

 さて、初のフルマラソンから3日経過しましたが、もう辛い記憶や苦しい記憶だけキレイに忘れてしまい、残っているのは楽しい思い出、嬉しい記憶、そして次回はサブ3.5を目指したいという意欲だけです。今回のフルマラソン初挑戦でRun For Funも第一章が終わり、これからさらなる挑戦を続ける新しいページの始まりです♪

 【今日の記録】22.8km、1時間55分18秒(11.9km/h、5.1分/km、30.3秒/100m)。月間の計画では10kmで良いと思っていましたが、とっても走りたい気持ちで一杯だったので、久々にホームコースのディズニーリゾート周辺と葛西臨海公園を走ってきました。木々の間を走り、浜辺に足を取られながら走りました。自然の中を走るのって気持ち良いですね。今日は走る喜びに凄~く満ち溢れていました。

 Run For Fun!

|

« Run For Funの荒川市民マラソン完走記【中編】 | トップページ | Run For Funが30,000アクセス突破♪みなさん、ありがとうございます! »

☆荒川市民マラソン☆」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

大会結果(2007年)」カテゴリの記事

コメント

完走記楽しく読ませていただきました。
フルマラソンは走り切った達成感が大きいですよね。
ゴール時に自然と笑みがこぼれる・・・。私もそうだったなぁ・・・。
お疲れ様でした~。
これから続く、第2章も楽しみにしていますね。

投稿: マサ | 2007/03/21 21:11

奥さんやご両親にも応援してもらって、
おにぎりもシャーベットも無事ゲットして
サブフォー達成と、ほんまうらやましい限りです!

投稿: よーちゃん | 2007/03/21 21:32

お久しぶりです^^
そして、初マラソン完走おめでとうございます!!!!!
素晴らしいタイムですね☆
矢張り、事前の準備(練習)の成果が、確実にあらわれたって言っても過言ではないですね~。
私の知り合いも、実は走ったようですが、風が本当に強かったみたいですね(^^;
でもでも、走ったあとにこれだけの完走記が書けるなんて・・・。。。
とても、楽しく読ませて頂きました。
hiddieさん、すごすぎますっ(>_<)

今は、42キロ走ったカラダを、ゆっくり休ませてあげてくださいね!

投稿: おーしゃんうーまん | 2007/03/21 22:06

hiddieさん、好タイムでのフィニッシュおめでとうございます。私は腸頸靭帯がこともあろうにスタート2キロ地点から痛み始め、何とか完走だけはしましたという不完全燃焼な初マラソンとなってしまいました。救護所も初体験でした。タイムはグロスで4時間18分21秒でした。しばらくは治療に専念して、秋に再チャレンジしたいとおもっています。そのときはhiddieさんに負けないようにがんばりまっす。

投稿: たかゆき | 2007/03/21 22:38

■マサさん、
うれしはずかしの超駄文にお付き合いくださいましてありがとうございました。また笑顔がこぼれるようなレースをしたくて、ウズウズです。
今度は一緒に走れるときが来ることを楽しみにしています♪

-----

■よーちゃんさん、
もう34歳にもなっても、運動会のような家族総動員でした!実はシャーベットは2口くらいしか食べる余裕も無かったので、来年はじっくり堪能したいです。

-----

■おーしゃんうーまんさん、
ありがとうございます!今は完走の充実感より、とりとめのない完走記が3回で収まってくれた完書感(?)で一杯だったりします(笑)。
事前の試走やレース本番で何度もこのコースを走り、しばらくはこのコースには近付きたくないです。とはいえ、週末に帰省するので、またこのコースを走って実家まで走る予定です。あ、病み付きかも?

-----

■たかゆきさん、
ありがとうございます。救護所だなんて、相当の痛みだったのですね。その中でも走りきったのは、他でもないたかゆきさんの「折れない心」があったからではないかと思います。無理せずしっかり治して、秋に一緒に走りたいですね。楽しみにしております!

投稿: hiddie | 2007/03/22 00:10

hiddieさん、完走&サブフォーおめでとうございます♪

42.195 kmの道のりは決して楽しいことばかりではないはずなのですが、何故か終わると楽しいことしか頭に残りませんよね。不思議です。そして、終わるとすぐに次のレースのことを考えてしまいませんか?

これからhiddieさんのフルマラソンライフがはじまりますね。一緒に楽しくフルマラソンを走りましょう♪

投稿: 京丸 | 2007/03/22 09:11

hiddieさん、フル完走、、、それも素晴らしいタイムでの完走おめでとうございます!
日曜日から旅行していて、hiddieさんどうだったかなーと気になってました。
完走記、楽しく読ませていただきました。
私もいつか!という思いがムクムクと湧いてきちゃいました。
本当にお疲れ様でしたー。

投稿: Jun | 2007/03/22 11:34

ご両親や奥様にまで見守られてゴール出来たなんて!
それだけで最高の初フルマラソンと言えるのではないで
しょうか(*'-^)
途中のシャーベットも当然ゲット♪でサブフォーも余裕で
達成と相当楽しまれたようですね(^_-)-☆

本当にフルマラソンの中には緊張・不安・出会い・苦痛・
様々な葛藤、そして大きな達成感と喜びが一緒くたに
詰まっていてタフながら素晴らしい競技だと思います。
あ、あと給食の美味しさですね♪(o^-')b

いつか又同じ大会でお会いできる事を楽しみにしています!
その頃には良きライバルになっていそうです(@_@)
お互いに今後も楽しみながら頑張りましょー(⌒0⌒ゞ

投稿: 心の旅人 | 2007/03/22 11:57

私と同じ初フルで38分とは素晴らしいですね。私は10分遅れの48分でした。たぶんhiddieさんが追い抜いていくだろうと気にしていたんですが見落とししてしまいました。ご家族のお迎えの中のゴール、うらやましいゴールですね。心の旅人さんの良きライバルになるのも時間の問題です。ガンバつて下さい。

投稿: 恋の旅人 | 2007/03/22 19:31

■京丸さん、
京丸さんのNYCマラソンの記事を拝見して、「こんな素晴らしい経験をしてみたいな」と感動した日を思い出します。
今、自分がその経験をし、いただいたコメントの通り、気持ちは次のレースで一杯です。
来年の東京マラソンはご一緒できると良いな~と思っています。まずは当選しないといけませんね!

-----

■Junさん、
ありがとうございます!Junさんも「いつか」と言わず、早くフルマラソンに足を踏み込みましょう!10kmよりも、ハーフよりも、もっともっと充実した世界が待っていますよ♪

-----

■心の旅人さん、
家族って、本当に大切だな~と思います。家内がゴールで待っててくれることは心強いですし、両親にレースの意気込みを話すときは、まるで部活をしていた頃に戻るような気分です。
フルマラソンは走った人にしか味わえない様々な感動があること今回、学ぶことが出来ました。感動だけでなく、充実したエイドステーションのおかげで、ゴール後はお腹も満腹でした♪
ライバルか...まずはせめて気持ちだけでも負けないようにしたいです!次回はスウィーツの集いにも誘ってくださいね!

-----

■恋の旅人さん、
お互い、初フルマラソンだったのですね。お疲れ様でした!私はこのコースを事前に何度も走る機会があったので、10分の差は単なる地の利の差に過ぎないと思っています。また同じレースを走る機会があると良いですね。楽しみにしております!

投稿: hiddie | 2007/03/23 00:12

完走記録、ありがとう。楽しく読みました。
実は私も初フルで走りました。遅いですが、一応、ぎりぎりですが、サブ4達成できました。
車で愛知県に帰るときに、足が痛くて、どうしようと思ったが、二日間休んで、すでに通常ラン生活に戻り、5月の
山口→萩往復に迎えて、練習してます。
いつか、会えると思う。まだ、いろいろ読ませてね。
楽しく頑張ってください。

投稿: ようぐん | 2007/03/24 01:32

■ようぐんさん、
Run For Funいお越しくださいまして、ありがとうございます。そして、初フルマラソン、お疲れ様でした!
お車で愛知県から参加されたなんて、さぞかしレースの前後でも随分、疲れたことと思います。
もう次回のレースに向けて、準備が始まったようですね。これからもお互い楽しく走りましょう!
こちらにもぜひまた遊びに来てくださいね!

投稿: hiddie | 2007/03/24 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191105/14341094

この記事へのトラックバック一覧です: Run For Funの荒川市民マラソン完走記【後編】:

« Run For Funの荒川市民マラソン完走記【中編】 | トップページ | Run For Funが30,000アクセス突破♪みなさん、ありがとうございます! »