« 『荒川市民マラソンごっこ』で帰宅Run | トップページ | 荒川市民マラソン直前に痛みが... »

2007/03/15

荒川市民マラソンを控えて読んでいる本

 『荒川市民マラソン』まであと3日!レース前の気分を高めるために週末から1冊の本を読んでいます。

Q  それは、小出監督著の『高橋尚子 金メダルへの絆 』です。レース前の緊張感などをシミュレーションしたくて、図書館でマラソンのコーナーで目次を読み比べて、この本を選びました。

 まだ、読書中なので、読み終えての感想ではないのですが、Qちゃんの明るい人となりを暖かい小出監督の視点からうまく捉えているな~と思いながら読んでいます。まだ荒削りながらダイヤモンドの原石のようなQちゃんの走りを一目見て、小出監督がほれ込んだものの、結果になかなか結びつかないもどかしさのあたりを読んでいると、金メダルを獲ったQちゃんや小出監督でも試行錯誤していたんだな~と、よくわかりました。

 また小出監督が「時計を外して楽しんで走ろう!」とおっしゃるところを読み、目からウロコでした。走る一歩一歩を楽しみたい思いで私もブログに"Run For Fun"という名前を付けましたが、タイムなど気にせず、走る行為の本来の楽しさがそこにあるのだろうと思います。

 一気に読んでしまうともったいないので、レース前日にぴったり読み終わるように少しずつ読んでいます。読み終えた頃、「明日は楽しく、ぶっ飛んで行こう!」と思えるような気がします。今も続きを読みたいけど、ガマンガマンです♪

 Run For Fun!

|

« 『荒川市民マラソンごっこ』で帰宅Run | トップページ | 荒川市民マラソン直前に痛みが... »

ランニング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も去年の夏位までは時間測らずに走ってました(^_^;)
なぜなら普段から腕時計を着ける習慣が無かった事と、
走るのに邪魔だった事、それに腕時計がゲーセンで
取ったものだった為wかっこ悪い上に一部壊れていたから
です(;д;)
でもただ走るというだけで本当に楽しかったんです♪
その頃と今もその気持ちは変わりませんが、これからも
そういった気持ちは忘れずに持ち続けて行きたいですね(*^-^)o

投稿: 心の旅人 | 2007/03/16 05:32

hiddieさん。初フルまでもう少しですね。気持ちがだんだん盛り上がっている頃かなあ。

Run For Funのhiddieさんは、時々は当然時計をしないで走ること楽しんでいらっしゃるのかと思っていました。
私もJogやLSDの時は時計つけないで走ること多いです。
そのほうが気分がいいし。
時計をしてるとつい見てしまってペースを気にしてしまいます。
その替りペース走の時は(楽しくないけど)しっかりペースをチェックしながら走ってます。
タイムをあげようと思うと、楽しくない練習もたくさんしなくちゃいけなくて、ちょっと大変(苦笑)

投稿: こうめ | 2007/03/16 05:51

いよいよですね。最近寒いですけど、当日はどうでしょう。まあ、風が吹かなければ寒くてもいいですけどね♪

さて、私はいつもペースを確認しながら走っているので、時計なしではパニックです。でも、時間など気にしないで、好きなペースで気の向くままに走るのも良いかもしれないですね。

投稿: kun | 2007/03/16 23:01

■心の旅人さん、
なんだか、ナチュラルに走ることを純粋に楽しまれているようで、凄く素晴らしいですね!時間を気にせず、自分の好きなだけ走るなんて、最高の贅沢かもしれませんね。
こういう良い習慣はぜひ見習いたいです!

-----

■こうめさん、
コメントありがとうございます。いつもこうめさんのブログを拝見しては、走る楽しさを再確認しています。
コメントを拝見して、私も時計を外して好きなだけ走ってみたくなりました。
時間を忘れて走ると、昼食を作って待ってくれている家内に怒られてしまいそうなのが唯一の気がかり...かな(笑)

-----

■Kunさん、
予報では少し寒いそうですね。でも、寒さをぶっ飛ばして走りましょう!
私も一度だけ、ランニング中に時計が壊れて、パニックになりました。初めから時計を外してしまえば、そんな悩みも無いかもしれませんね!

投稿: hiddie | 2007/03/17 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191105/14275124

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川市民マラソンを控えて読んでいる本:

« 『荒川市民マラソンごっこ』で帰宅Run | トップページ | 荒川市民マラソン直前に痛みが... »