« 第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果① | トップページ | 第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果③ »

2006/02/06

第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果②

(『第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果①』の続きです)

 4km地点。待望の給水所。水ではなくポカリを飲む。辺りは紙コップが風に舞っている。先日の大阪国際マラソンでケニアの選手が紙コップの真ん中をつまんでこぼれないように走っていたが、こちらはまったくこぼれる心配も無いペースだった。それにしても新浦安の街は高そうなマンションが多い。以前、知人が新浦安に引っ越して困ったのは学校の児童数が増えすぎて、急遽、建設したプレハブの校舎にお子さんが通っていることを思い出す。しばらくキロ6分で行けている。疲れも無いし、ヒザの痛みも無い。このくらいのペースが自分には無理の来ないペースなのだろう。あまり人を抜かすことは意識しないようにしつつも、前の人との距離感が窮屈に感じたときは少しペースを上げて走りやすいエリアまで移動してマイペースを心がける。

 10km地点が近づいた折り返しの道路。たくさんの速いランナーが左を通過していく。それにしてもCW-Xをのロングタイツを履いている人が目立つ。かなりのマーケットシェアなのだろうと感心した。端を越える辺りに明海大学の学生さんのブラスバンド部が演奏していた。沿道からの応援って本当に嬉しい。こちらは照れて手を振り返すことも出来ないが。今度、どこかでレースがあったら、沿道で応援したいと思った。

 折り返し地点を間近に2度目の給水地点。少しヒザが疲れてきていたので、ランナーズで読んだ通り、右ヒザに水をかけてみた。確かに炎症が消えていくような気がした。今日も特にヒザとつま先がまっすぐ前を向くように心がけているのだが、周りの人は思いっきり外を向いているガニ股の人が多い。それでも大丈夫なのだろうかと思いつつも、人より自分のヒザは特に弱いものだと痛感した。高校の部活でヒザでうまく相手をチャージしてきたことを悔やんでも遅いか。

 折り返し地点。ここでガニ股オジサンが「今、何キロ?」と聞いてくる。もう10kmだと思っているようだが、自分のペースとタイムから計算するに9kmくらいだと答えるとちょっとがっかりしていた。本当のことを言ったのだが、ああいうところはがっかりさせない答えをするのが大人かも?

10km地点。時計は63分。いつも走っているペースだ。体に染み付いているのだろう。10kmにエントリした先輩はとっくに完走していることだろう。こっちはこれからあと70分ぐらい走り続けることになるのだから、気長に走らないと。ところで、さっきのガニ股オジサンは今頃、自分の回答の正しさに敬服しているこうとだろう。

最初の大通りが見えてきた。さっき走った道だけに距離感が掴めているような気がする。ともかく、自分のペースを守って、ヒザとつま先はまっすぐに。そして、腿の裏を意識して走ること。単調な繰り返しだけど。今日はいつものヒザの痛みが来ないだけ、良い走り方が実践できているのだろうと思う。また給水所が見えてきた。このあたりになってくると小学生が給食を楽しみにしているように、給水が唯一の楽しみになってくる。4kmごとに給水所があるのだろう。ということは次の給水所は16km地点。キロ6分ペースならあと24分後だなと計算してみる。左のヒザも疲れてきたので、今度は両膝に水をかけておいた。

 スタート時の道路にさしかかる。ここからはデイズニーシーやホテルの裏の海沿いの往復だ。ゴール地点の裏側で会場からゴールするランナーを紹介するアナウンスが続く。時計は1時間24分頃。みんなとっても速い!

『第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果③』に続く)

|

« 第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果① | トップページ | 第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果③ »

ランニング」カテゴリの記事

大会結果(2006年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191105/12466413

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果②:

« 第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果① | トップページ | 第15回東京ベイ浦安シティマラソン結果③ »